シースリーのデメリット・悪いところ!行く前にチェックしよう

シースリーのデメリット

シースリーはとても人気のある脱毛サロンですが、そのシースリーにも欠点ようするにデメリットや悪いところがあります。

そのデメリットや悪いところを簡潔にまとめると以下の3点あります。

 

【シースリーのデメリット】

  • 予約が取りづらい
  • 脱毛ペースがかなり遅い
  • 部分脱毛ができない

 

とはいえデメリットや悪いところは人によって感じ方が違うので、まずはシースリーの無料カウンセリングに行ってリアルなシースリーを体感することをおすすめしたいです。

 

シースリーのデメリット・悪いところ

0円
 

予約が取りづらい

シースリーは人気ゆえに、とても予約が取りづらいことで有名です。

特にシースリーの予約システムは、毎月1日の0時から2ヶ月先の予約ができるようになりますが、休日等はすぐに埋まってしまうため、月上旬に予約をしそびれると場合によっては3ヶ月以上先の予約になってしまうこともあります。

 

※脱毛サロンで圧倒的に予約がとりやすいのは、銀座カラーです。あなたが予約のとりやすさを重視するならキレイモに通うことを強く推奨します。

⇒銀座カラーの公式サイトはこちら

 

銀座カラー 脱毛キャンペーン

脱毛ペースが遅い

シースリーの最大のデメリットにもなりえますが、シースリーは他の脱毛サロンと比較して脱毛ペースが遅いです。

一般的には2ヶ月に1回脱毛を行うのが普通ですが、シースリーは3ヶ月に1回なためシースリーで全身脱毛をしようとするとかなりの時間がかかります。

特に最近では2週間に1回脱毛できるストラッシュのような脱毛サロンもあるので、あまり時間をかけず脱毛をしたい方であればシースリーはおすすめしません。

⇒ストラッシュの公式サイトはこちら

 

ストラッシュ

部分脱毛ができない

シースリーは全身脱毛専門の脱毛サロンなので、部分脱毛はできません

しかしたしかに部分脱毛はその部分だけしか脱毛しないため費用を抑えられるイメージですが、追加でどんどん脱毛をしていくと全身脱毛よりかなり割高になります。

そのため脱毛を考えているなら、費用面を考慮しても全身脱毛がおすすめです。

⇒シースリーの脱毛プランを見る

 

どうしても部分脱毛がしたい場合

部分脱毛はミュゼプラチナムで安くできるので、どうしても部分脱毛をしたい場合はミュゼプラチナムに行きましょう。

⇒ミュゼプラチナムの公式サイトはこちら

 

ポイントサイト用

ただしデメリットばかりではなくメリットも多い

【シースリーのデメリット】

  • 予約が取りづらい
  • 脱毛ペースがかなり遅い
  • 部分脱毛ができない

 

シースリーのデメリット・悪いところを解説しました。

ただしもちろんシースリーはデメリットばかりではなく、メリットも多い脱毛サロンです。

 

具体的なメリットはこんな感じ↓

  • 完全個室
  • 全額返金保証あり
  • 施術スピードが早い(最短45分)
  • 脱毛の効果の口コミ・評判が良い
  • 永久保証つき脱毛コースがある(生涯メンテナンス保証)

 

これら良さに惹かれて、シースリーは多くの人が通う超人気エステ脱毛サロンです。

⇒シースリーの無料カウンセリングを受ける

⇒シースリーの公式サイトはこちら

 

0円
 



時代は医療脱毛!⇩2020年人気のあるクリニックは以下です(各サイトに飛びます)
 No.1 レジーナクリニック 【プランが充実】
 No.2 エミナルクリニック 【医療脱毛最安級】
 No.3 フレイアクリニック 【予約保証あり】

※【すぐに終了可能性あり】レジーナクリニックは、今だけ契約金額の2%還元キャンペーンを行っています。詳細はこちら

月々6,300円バナー