家庭用脱毛器のデメリット・悪い点

家庭用脱毛器のデメリット・悪い点

このサイト「脱毛ライフ」でライターをしているみどりです。

 

以前この記事【在宅・自宅でできるおすすめ脱毛器はこれだ!】で私が使っているおすすめ家庭用脱毛器「脱毛ラボ・ホームエディション」を紹介しました。

 

脱毛ラボ ホームエディションは、とても優れた脱毛器です。

ケノントリアのような知名度が高い脱毛器と比較して、性能面ではとても優れています。

 

しかし家庭用脱毛全般に言えるデメリットがあります。

それが以下の2点です。

家庭用脱毛器のデメリット

 

・習慣化しないとサボって、脱毛が進まなくなる可能性がある

 

・背中など一部の部位では、脱毛しずらい(私は無理だった)

 

 

ちなみに、私が実際に使って感じた脱毛ラボ・ホームエディションの優れている点は以下の3点です。

 

ホームエディションの優れている点

 

・全身脱毛が可能(全身脱毛できる家庭用脱毛器はほとんどない

 

・業務用脱毛器と同じパワーで脱毛可能

 

・冷却ジェルなしで脱毛可能

 

 

家庭用脱毛器としては、脱毛ラボが作った脱毛器だけあって非常に性能が優れています。

家庭用脱毛器を買うなら、脱毛ラボ・ホームエディション一択です。

⇒脱毛ラボの公式ショップはこちら

 

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

家庭用脱毛器のデメリット・悪い点

 

冒頭でも挙げた脱毛ラボ ホームエディションのデメリット・悪い点を深堀します。

 

習慣化しないとサボって、脱毛が進まなくなる可能性がある

 

脱毛ラボ・ホームエディション含む全ての家庭用脱毛器にも言えますが、家庭用脱毛器を使って脱毛する場合、当たり前ですが自分で脱毛する必要があります

 

そのためあなたが、どんなに性能が優れた脱毛器を買っても、脱毛をすることをサボってしまうと、いつまでも毛が薄くなりません。

 

私も使っている時、時々面倒だなと思い、サボりそうになりましたが、ちゃんと脱毛したかったので習慣化させて日々脱毛できています。

 

※脱毛ラボ・ホームエディションは、本体に冷却クリーニング機能が搭載されているため、冷却ジェルなしで脱毛可能。他の家庭用脱毛器と比較して、負担なく脱毛できます

⇒ホームエディションの機能一覧を見る

 

背中など一部の部位は、やりずらい

 

背中など一部部位を家庭用脱毛器で脱毛するのはとても難しいです。

 

脱毛ラボ・ホームエディションは、家庭用脱毛器としては珍しい全身脱毛可能な脱毛器です。

しかし私の場合、体が硬くて私1人では背中など手が届かない部分の脱毛はできませんでした。

(私は、母に協力してもらって、最終的に脱毛しましたが)

 

そのため人によっては、部分脱毛だけ脱毛サロンに通う必要が出てきます。

 

ちなみに部分脱毛を格安でできる脱毛サロンは、ラココミュゼプラチナムです。

 

最後に

 

今回挙げたデメリットは、脱毛ラボ ホームディションだけのものではなく、一般的な家庭用脱毛器全てに当てはまることだと思います。

 

つまり脱毛ラボ ホームディション自体には、特に欠点はありません。

家庭用脱毛器だと知名度的にはケノントリア等に負けますが、脱毛ラボ・ホームエディションはとても優秀な脱毛器です。

 

ぜひ買うことをおすすめします。

⇒脱毛ラボの公式ショップはこちら

 

 

※現在脱毛器は、どのブランドも品薄状態が続いています。購入を検討している方は、なるべく早い段階で在庫状況を確認してください。

 




人気ランキング⇩2020年人気のある脱毛サロンは以下です(各サイトに飛びます)
 No.1 ラココ 【業界最安級】
 No.2 銀座カラー 【予約がとれる】
 No.3 ミュゼプラチナム 【100円脱毛】

La coco(ラココ

⇩2020年人気のあるクリニックは以下です(各サイトに飛びます)
 No.1 レジーナクリニック 【プランが充実】
 No.2 エミナルクリニック 【医療脱毛最安級】
 No.3 フレイアクリニック 【予約保証あり】

レジーナクリニック



自宅で格安脱毛
お金をかけず自宅で効果的な脱毛をしたい方におすすめの除毛クリーム

中でも脱毛サロン「ミュゼプラチナム」から販売されているヘアリムーバルクリームはとてもおすすめです。

⇒公式サイトはこちら

除毛クリーム